お花見しないで桜を楽しむ4つの方法。インドアでも春気分を満喫

2020年お花見記事 ◆ 趣味のこと

あっ!という間に、桜の季節になりました。

今年は例年と異なり、新型コロナウイルスのせいで世界中が自粛モードですね。

過剰な防衛は心身や経済へ悪影響といいますが、けっして楽観できないのが実情です。

各国で外出が自粛となるなか、自粛による欲求不満の爆発は怖い、と思うことも。

適度にストレス発散していきたいものですね。

ニシムラ。
ニシムラ。

桜だって楽しみたい!

そこで今回、花見に行かなくても桜を楽しめる方法を考えてみました。2020年の春気分を楽しみましょう!

 

【Twitterお花見会】で桜を楽しむ

先日、美大卒、元美術の先生で今は在宅ワークをされているAikoさん(@aiko80754298)がステキな企画を発信されました。

3月28日(土)Aikoさんのブログにて、12名の作家さんが贈る「春を感じる」作品を紹介されるとのことです。どんな作品なのか、今から楽しみですね!

それを見て感想をお伝えし合ったり、春オヤツをツイートしたり、見て回ったり……。

オンラインの「Twitterお花見企画」なら、外に出ずとも、他の方と一緒にお花見気分を楽しめる点が魅力的ですね。

⇒ 公開されました!アートが好きな方、お花見気分を味わいたい方はぜひご一読を🎶

http://dekita-aiko.com/twitterdeohanami/

 

【スイーツやドリンク】で桜を楽しむ

桜薫るスイーツやドリンクがあれば、手元から手軽に春を感じられるのが魅力的です。コンビニやスーパーでは、桜やよもぎを使った春スイーツが大盛り上がり。

 

森永乳業のマウントレーニアからは、ひと足先に桜ドリンク「らら・さくら」も登場。

 

ご近所だったら、スターバックスの「さくらミルクラテ」も楽しんでみたかったなあ……と思う今日この頃です。(2020年3月12日(木)まで。無くなり次第終了)

 

ドトールでは、桜チップで焙煎した上、桜パウダーを合わせて仕上げた「プレミアムローストコーヒー 2020 桜 [SAKURA]」を発売しているそうですよ。コーヒー党の方はお試しの価値あり!かもしれませんね。

 

私の大好きなお茶専門店、ルピシアでは、春のお茶の提案も。

桜を感じるスイーツタイム、ティータイムは、おうちだからこそ楽しめる春時間といえそうです。

こんな記事もおすすめ
【ルピシア】グラン・マルシェ2019福岡体験レポート♪子連れで楽しむ
はじまりは高校生のころだったでしょうか。 10代の ニシムラ。 「紅茶が趣味」って かっこよくない?! ……というヨコシマな気持ちから歩き始めた、ティーロード。 今や足元は立派なスワン...

 

【雑貨】で桜を楽しむ

「手元で桜を楽しむ」といえば、春デザインの雑貨も見逃せません。

入浴剤に文房具、お茶やクッキーのプチプレゼント……。写真は撮れませんでしたが、ハンドクリームやリップクリームも見つけました。

いずれも500円から1,000円前後の品ばかり。気を遣わせないプチギフトとして、いいですよね。

ニシムラ。
ニシムラ。

遠くに住む友達や

ママ友へ贈りたくなっちゃう。

 

桜を楽しむ雑貨といえば、こんな素敵な酒器が話題になりましたね。

岐阜県多治見市「丸モ高木陶器」が贈る「冷感桜 白平盃ペアセット」。

17℃以下の冷酒を入れると、器のなかで桜が花開きます。美しいですね……いつものお酒がより一層美味しく感じられるに違いありません。使ってみたいなあ。

 

【作品】で桜を楽しむ

文学や映像などの作品をとおして桜を楽しむのも、身近に日本人の心を感じられるようで、魅力的です。

 

桜の和歌

桜といえば、ニシムラが大好きなのは、この和歌。

願はくは 花の下にて春死なむ そのきさらぎの 望月のころ

文学部出身のクセに古語読めない系女子のニシムラですが(苦笑)。 この和歌だけはずーっと大好きなんです。

詠み人は平安時代後期から鎌倉時代初期を生きた西行法師。

ニシムラ。
ニシムラ。

「願うことなら、

旧暦2月15日の満月の頃、

満開の桜の下で死にたいものだなあ」

という意味ですね

西行法師は実際に、望んだ日からたった1日遅れでこの世を去ったと伝えられています。当時の人々も驚嘆したのだとか。その生きざまには、思いをはせざるをえません。

さかのぼれば、およそ1300年前の奈良時代に成立した『日本書紀』には、最古の桜の和歌が載っています。

まさに日本人の心と桜を味わうには、和歌を楽しむのがよいのかもしれませんね。

こんな本がおすすめ!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

恋する万葉集 [ 歴史浪漫研究会 ]
価格:1210円(税込、送料無料) (2020/3/30時点)

 

桜がテーマの本

この時期は、桜をテーマにしたお話を読むのも楽しいです。

坂口安吾の『桜の森の満開の下』は、妖艶な女性と、残酷なまでに美しい桜の描写がおもしろかった。主人公は山賊。舞台は、心に恐ろしく感じられるほど美しい桜の森です。そんな桜の森、いつか見てみたいものだなあ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫) [ 坂口 安吾 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/3/30時点)

 

それにしても桜をテーマにした日本文学って、意外と怪しいお話が多いので、「お花見気分~♪」にはなりにくいですね……。

楽しいお花見気分を味わうなら、写真集もいいなあと思います。

桜が美しい瞬間を切り取った写真集『一度は見たい桜』。いつか花見に行きたい場所をチェックするのも楽しそうですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一度は見たい桜 [ 森田敏隆 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2020/3/30時点)

 

絵本を通して、子どもとお花見気分を楽しむのもステキです。灰で桜を咲かせるはなさかじいさんのお話は有名ですが、松谷みよ子さんバージョンもあったのですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はなさかじい (松谷みよ子むかしむかし) [ 松谷みよ子 ]
価格:1210円(税込、送料無料) (2020/3/30時点)

 

織りなすやさしい日本語が魅力的な松谷さんの『はなさかじい』。どんな雰囲気なんでしょうか?一度読んでみたいです。

こんな記事も書いています

ちょっと前のことになりますが、松谷みよ子さんが書いた赤ちゃん絵本の魅力について、寄稿させていただきました。興味がある方は、よかったら読んでみてください。

親子の絆作りにも役立つ。松谷みよ子さんの赤ちゃん絵本が愛される理由 | 子育て | オリーブオイルをひとまわし
「龍の子太郎」などの作品で知られる、児童文学作家の松谷みよ子さんをご存じだろうか。かつて、児童文学ではタブーとされた離婚を題材に「モモちゃんとアカネちゃん」を記したことで話題に。その後も、子どもたちが受け入れやすいやわらかな表現で、社会問題に触れる作品を生み出した。そんな松谷さんは、日本に「赤ちゃん絵本」の概念をもたら...

 

2020年春、桜とともに楽しみましょう♪

オンラインお花見会やスイーツ、ドリンク、雑貨に文学作品……探してみると、私たちの周りにはたくさん「桜」を見つけられるものですね。

北九州の桜がもう少し開花が進んだら、お散歩がてら見に行きたいと思っています。

2020年の桜。みなさんの楽しみ方も、よかったらおしえてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました